おいしいコーヒーの入れ方

もらって嬉しいコーヒーギフト

おいしいコーヒーの入れ方&ドリップ式・コーヒーメーカー編

おいしいコーヒーの入れ方&ドリップ式・コーヒーメーカー編 コーヒーを入れるのにコーヒーメーカーを使っている人は少なくありません。
いつも気軽に飲めて、自動で入れてくれるので、忙しい朝の強い味方です。
その反面、ハンドドリップのような本来のうまみを出すことが難しいというデメリットもあります。
美味しく入れるためのコツのようなものがあるのでしょうか。
それは、スイッチを入れて、粉の半分くらいにお湯が回ったら、電源スイッチを一度切るという技です。
ドリップ式で美味しいコーヒーを入れるためには、最初の蒸らし時間が必要なのです。
最近のメーカーには蒸らしの機能がついているものもありますが、ない場合はこの方法をとってみてください。
次に、最後の一滴まで抽出しないということがあります。
最後の一滴にはコーヒーが持つアクが含まれているので、それが入ってしまうと雑味になります。
防ぐためには、お湯を多めに入れて人数分入ったところで、電源を切ってみてください。
あとは保温せずに、すぐ飲むようにしましょう。

美味しいハンドドリップコーヒー基本の淹れ方

美味しいハンドドリップコーヒー基本の淹れ方 ハンドドリップ方式はコーヒーの淹れ方の基本となる方法です。
簡単な器具でおいしくを淹れることができますが知っておくべきこつがあります。
まずドリッパーにペーパーフィルターをセットします。
そして分量を量ったコーヒー豆を平らに均一になるよう入れます。
そしてお湯を注ぎます。
お湯の温度は90度前後でフィルターの縁を濡らさないように注ぎます。
最初は少量を中心に小さな円を描くように注ぎます。
お湯を注いだら最低でも30秒は時間をおきます。
この時間がコーヒーをおいしくするために大切な蒸らしの時間です。
そしてまたお湯を注いでいきます。
中心にゆっくり円を描くようにやさしく注いでいきます。
豆が膨らんできたら、一旦注ぐのをやめお湯が下に落ちるのを待ちます。
ドリッパーの注いだお湯が全体の3分の1程度になったら次のお湯を注ぎます。
そしてサーバーの量を確認し、分量通リになったらすぐにドリッパーを外します。
最後の一滴入れないのがおいしく淹れるこつです。
基本となる淹れ方を把握しておくと、失敗しることなくおいしいコーヒーを楽しむことができます。