冬の贈り物に最適なコーヒーギフト

もらって嬉しいコーヒーギフト

コーヒーは飲みすぎると体に良くない?

コーヒーは飲みすぎると体に良くない? 朝の1杯のコーヒーから1日が始まる、という方は多いのではないでしょうか。
仕事や家事や勉強の合間に一息入れたい時、あるいは食後に飲むコーヒーの香りはほっとさせてくれますよね。
気持ちをほぐしてくれたり、やる気を高めてくれるコーヒーですが、飲みすぎは体に良くないのでしょうか。
最も気になるのは、カフェインかも知れません。
眠気を覚ましてくれる効果のあるカフェインですが、飲みすぎるとどうなるのでしょうか。
カフェインの過剰摂取は、不眠をはじめ、下痢や吐き気、心拍数の増加や血圧を上昇さることがわかっています。
特に、空腹時にカフェインを摂取すると、胃酸の分泌を促進する作用で、胃を荒らしてしまいます。
また、カフェインには利尿作用がありますが、尿と共にカルシウムが排出されてしまうので、要注意です。
カフェインの他、タンニンにも鉄分や亜鉛の吸収を阻害してしまう作用がありますので、貧血気味の人も、飲みすぎには気をつけなければなりません。
1日何杯以上飲むと体に良くないのかというと、体調や体質によっても変わってきますので、一概には言えません。
その日の体の状態を考慮しつつ、コーヒーを楽しみたいですね。

洋服にこぼしたコーヒーを綺麗に落とすコツ

洋服にこぼしたコーヒーを綺麗に落とすコツ 「あっ、やっちゃった!!」大事な洋服にコーヒーをこぼしちゃった時、あなたはどうしていますか? コーヒーは水溶性なので、実はこぼしてすぐなら水洗いでもきれいに落ちます。
頑固なしみにしないためにはスピードが肝心なので、その場で出来る限りコーヒーを拭き取っておきましょう。
でも、それが出来ない時もありますよね。
そんな時は、台所用の中性洗剤を使って洗っていきます。
しみになってしまった部分を軽く濡らしたら、洗剤をつけもみほぐします。
デリケートな生地の洋服でしたら、綿棒や割り箸の先にコットンを巻いたしみ取り棒に、洗剤を少し薄めて浸し、やさしくトントンします。
水ですすいでも、何回か繰り返してもしみが薄くならない場合は、酸素系漂白剤を使用します。
先程のしみ取り棒を使って、しみの部分に漂白剤をポンポンとつけ、温風ドライヤーをかけます。
あまり高温にすると、色が剥げてしまう場合もあるので、その時はすぐに作業を止めてすすぎましょう。
最後にちゃんと洗濯をすれば、洋服が綺麗になっているハズですよ。
困っている方は、ぜひ試してみて下さいね。