おいしいコーヒーの入れ方

もらって嬉しいコーヒーギフト

コーヒーの種類とカロリーの違い

コーヒーの種類とカロリーの違い コーヒーはブラックならカロリーゼロですが、ミルクや砂糖を入れるとカロリー過多になります。パンケーキやサンドイッチとの相性がよいのでつい食べ過ぎてしまうことになります。
カロリーが少ないからと言って飲みすぎても良くありません。砂糖1杯19キロカロリー、ミルクはポーションひとつで16キロカロリーです。
カロリーが高いことで知られているのは缶コーヒーです。無糖でカロリーゼロも販売されていますが、1缶あたり60キロカロリー程度あります。微糖なら30キロ、カフェオレなら80キロにもなります。
ドリップで入れるものも種類によって変わります。ミルクや砂糖なら30キロカロリー、カフェオレなら70キロカロリーです。
コーヒーフロートは90キロ、ウインナーコーヒーでは120キロもあります。カプチーノは100キロ、モカやキャラメルマキアートは200キロ近くになることもあります。
カロリーをとりたくなければアメリカーノをブラックで飲むのがおすすめです。

ダイエット中のコーヒーの飲み方

ダイエット中のコーヒーの飲み方 健康や美容のためにダイエットに挑戦する際、気になるのはやはり食べ物や飲み物の摂取カロリーで、その種類によってはダイエット効果を促進させてくれたり、逆にダイエットの妨げになるものもあります。
もっとも基本的にはやはり糖質や脂質に注意することがメインであり、そういった点でもコーヒーをダイエット中に摂取するということは、ブラックの場合はとくに問題ありません。ただし砂糖やミルクをたっぷり入れる場合は、当然ですが注意が必要です。
そんなコーヒーですが、脂肪燃焼効果があるとして話題にもなっており、それゆえにダイエットには最適な飲み物でもあります。
その詳しいメカニズムとして、コーヒーに含まれるカフェインには運動している時に脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活性化させてくれるので、運動30分前ぐらいに飲むとより効果的です。
また利尿作用もあるのでトレイも近くなりますが、それゆえに長時間運動するような場合に飲むと脱水症状に陥るリスクもあるため、そこは注意してしっかりコントロールしつつ、正しい方法でダイエットに活用すると良いでしょう。